この東方同人がすごい! vol.1

概要

東方Project二次創作評論誌。
レビュー、インタビュー、コラム等により、受け手と作品を結ぶ線として。
創刊号、刊行。

頒布情報

「この東方同人がすごい! vol.1」

企画・編集・製作
星空亭
ページ数
50ページ
頒布価格
会場:500円 委託:700円(税抜)
頒布日
2011/03/13 第八回博麗神社例大祭
頒布スペース
つ20b 星空亭
店舗委託
とらのあな COMIC ZIN 大須マニアックス

コンテンツ

コラム『東方二次創作での合同企画の役割』(増田)

さて、東方二次創作に触れている方ならば少なくとも一度はこんなことを思ったことは無いだろうか、「合同企画制作物の数が多い」と。他のジャンルから東方二次創作に移ってきた人はその感覚がより顕著であるはずだ。...

インタビュー『東方風自作曲、その世界』(硫酸ポリオミノ)

東方曲アレンジはキャラクターのifを表現する二次創作、東方風自作曲はストーリーのifを表現する二次創作として作っており、そういった面での違いこそあるものの、根本的なところではあまり意識の差はありません。...

インタビュー『東方の風見幽香さんへの愛を質問してみた』(東方の風見幽香さんを愛し続けてみた)

基本的には特にアイデアを出す、という考え方はした事がありません。浮かんでくるんです。頭の中に、ふとした瞬間。勝手と言っちゃ勝手に。何かが浮かぶので、それをゆうかりん的要素と合わせて咀嚼する感じでしょうか。...

レビュー『この東方同人がすごい! 2010』

無縁塚に流れ着いた大量の食器の意味とは。紫の放つ言葉は残酷であるが真実を突き、冒頭での鈴仙とてゐの会話はこの漫画の主題を端的に表しているかのようだ。そして、魔理沙の取った行動は実に彼女らしく、実に幻想郷的だ。...(「染付ロマネスク」レビューより抜粋)