h2_01

それは「東方Projectを評論する」という試み。
各参加者による対談、レビュー、コラムなどから東方Projectを、そして東方界隈を読み解く一冊。
東方評論の最前線がここに在る。

h2_02

「東方幻想言論」

企画・編集・製作
星空亭
ページ数
52ページ
価格
700円

h2_05

h3_01

FMシンセバンドという設定である幺樂団によって演奏される楽曲を、稗田阿求は「幻想郷にはない未来の音がして最高です」と評している。未来の音がするということは、果たして未来の幻想を見せていることと同じだろうか。

h3_02

東方の二次創作は、各コミュニティの中、あるいは影響力の強い個人によって作られたネタが界隈に広がり、流行となることがしばしば見受けられます。そしてその後にテンプレ化し、界隈全体の共有認識として定着する、という流れがあります。

h3_03

大きな物語が終焉して、代わりに中心の存在しないインフラ(ネットワーク)の中で多様なコンテンツ消費される現状において、強いて言えば東方は「中くらいの物語」という位置づけでしょうね。(村上裕一)

h3_04

同人のデザインって位置づけとしては掛け算でしかないと思うんですよ。デザインだけでは評価は得られないと思ってるんで。 ただ、東方のように規模が大きくて受け手の多いジャンルで作り手のデザインに対する意識が高まっているのは嬉しいですね。(赤りんご)

h3_05

鉛筆を主とした描き込みの密度は他に類を見ない程。漫画は一ページ辺りのコマ数が多く、また一コマの密度も濃いために僅か数ページであっても莫大な情報量が飛び込んでくる。『猩々緋』や『The Flying Dutchman』など、夢と現が曖昧になる幻想的な作品が特徴。読み進めるにつれてチヒロ氏の描く幻想の世界に誘い込まれるような、魔力を帯びたサークルだ。(紡:サークルレビュー【KEMONOMICHI】より)

h2_08

jacket1